全世界が注目している「仮想通貨」。 その中でも一番ポピュラーなものにビットコイン(Bitcoin)がありますが、実はビットコイン以外にも様々な種類の仮想通貨がこの世の中には存在しているのをご存じですか?その数およそ数百種類と言われており、さまざまな仮想通貨が今も世界中に流通しているのです。その勢いは今後も成長の一途を辿ると言われており、まさに仮想通過が牛耳る世の中が今まさに眼前まで迫っているかもしれません。

■仮想通貨とは

ビットコインのイメージ図

仮想通貨とは、インターネットのウェブ上で物品やサービスを購入する際の対価(硬貨)として使用でき、公的な発行主体や管理者が存在せず専門の取引所を介して日本円やUSドルといった実際にこの世に存在している通貨と交換できます。仮想通貨の種類は小規模なものまで全部合わせると750種類以上もの仮想通貨があるとの事です。

■主な仮想通貨の一例

では、現在流通している仮想通貨の中で特にポピュラーなものを幾つか紹介します。

ビットコイン(Bitcoin)

“仮想通貨と言えばビットコイン”と言われる程、今現在最も有名な仮想通貨です。2016年に急速な成長を遂げ、その勢いは未だに加速しています。日本でビットコインを使用できるお店はまだ少ないのですが海外ではかなり増えたイメージがあります。

ビットコイン(Bitcoin)の特色

ビットコインの特色としては、国や金融機関が取引記録を保存するのではなく一般に公開されており、誰もがその取引記録を何時でも参照できるという点ではないでしょうか。ビットコインの取引記録には一切の虚偽や事後の修正がなされないので安心です。 ビットコインを使用しての送金手数料は従来の銀行送金と比べてもコスト・スピードの点で圧倒的に有利だという点も見逃せません。

ビットコイン(Bitcoin)にはデメリットも…
  1. ビットコインに問題点が無いという訳でもない。具体的には以下のような事が懸念されている。
  2. ビットコインは暴騰暴落を繰り返しているので若干不安がないとも言い切れない。
  3. ビットコイン自体にトラブルが起こっても国は一切保障してくれないという点。
  4. ビットコインは匿名性があるため、マネーロンダリングに悪用される心配がある。
  5. 銀行口座とは異なりビットコインには匿名性があるため、マネーロンダリングに利用される可能性を指摘する人もいる。

Ripple

ビットコインの次にポピュラーな仮想通貨と言っても過言ではないのがこのRippleです。Rippleにはビットコインと同等の、あるいはそれ以上の特徴があります。

Rippleの特徴

  1. 決済の際の手数料が非常に安い点
  2. 決済のスピード2,3秒で済む(ビットコインだと10分程度かかってしまう)
  3. Rippleの仮想通貨をドル、円、ユーロなどの現実の通貨にも両替が可能
  4. 価格変動に対する安定感がある
  5. 管理会社が間に入っているのでセキュリティ面が強固

このとおりRippleはビットコインよりも上位なシステムや特徴が見受けられます。中でも特筆すべきなのは決済スピードと価格変動の安定感という点です。これは非常に優位でありビットコインとの差別化を上手く図っていると言えるでしょう。

ライトコイン(Litecoin)

ライトコイン(Litecoin)は「第二のビットコイン」と呼ばれる仮想通貨です。「ビットコインがゴールドなら、ライトコインはシルバーを目指す」という目的のもと、元Googleエンジニアのチャーリー・リー氏によって開発されました。その為、機能や性能はビットコインと酷似しているとの事です。その中でもビットコインとの違いを比較するとライトコイン(Litecoin)の仮想通貨の発行量はおよそ4倍で、決済の承認時間がおよそ4分の1という点が挙げられます。

モナーコイン

モナーコイン(モナコイン)は日本の巨大掲示板”2ちゃんねる”より生まれ、2013年12月23日に公開された日本初の暗号通貨(仮想通貨)です。銀行振込等の手段を一切使わない送金手段を用いており、簡単に口座開設ができて個人情報やメールアドレスの登録の必要がなく非常に匿名性の高いものになります。   しかしまだまだ発展途中の仮想通貨になりますので、投資の対象として考えてみても良いかもしれません。

■仮想通貨の今後の行方は?

3c81b30c

インターネットの発達によって仮想通貨の必要性・利便性は高まっています。世界のグローバル化が進む状況の中で、仮想通貨の持つ「送金の単純化・スピード・手数料の安さ」は揺るぎないニーズとしてこれからも発展していくものと思います。仮想通貨と似たようなものに電子マネーというものがあり、amazonギフト券もその一つです。今や電子マネーは我々の生活の中に浸透しており、現金を持たなくても買い物やサービスを購入する事が出来る時代になりました。しかし当然ながら電子マネーを取り扱ってる会社が倒産してしまったらそこでチャージしている電子マネーは使用する事が出来ません。そういった点からamazonギフト券を現金化しておいた方が安心という方もいるでしょう。そんな時は当店の自慢の高買取率で実際に手元に現金として換金してみてはいかがでしょうか?