各ポイントサイトやアンケートサイト・キャンペーンサイト上での謝礼やプレゼントの形としてamazonギフト券が現代の定番として定着していますよね。

ひと昔前まで金券と言えば商品券、図書券、お米券、ビール券、テレホンカード等がよく雑誌のプレゼント対象などに抜擢されていたような気がするのですが、今では以前ほど見なくなった気がします。そう、まさに現代の金券業界はamazonギフト券の独占状態と言えます。
では、どうしてamazonギフト券がここまで普及・流通したのでしょうか?

Amazonの成長がamazonギフト券流通を後押し!

引用元:https://netshop.impress.co.jp/node/4002

今やネット通販サイトの最大手と言っても過言ではないAmazon。日本におけるAmazonの売上高は年々上昇したった5年の間で倍以上に売り上げが伸びています。
2010年の日本Amazonの売上が437,175万円だったのに対してその5年後には991,680万円の売上を記録している所からも、いかに日本でAmazonというものが浸透して利用されてきたかがハッキリとわかりますね。

Amazon日本事業の売上高推移
2010年 437,175万円
2011年 519,504万円
2012年 616,200万円
2013年 740,983万円
2014年 830,760万円
2015年 991,680万円

もともとは本を扱った通販サイトだったAmazonですが、そこからCD・電子書籍・映画など商品の幅を広げていき、今となっては日用品・食料品・電化製品・洋服・薬・乗り物と言った様々なものが売っており、もはやAmazonに売ってないものなどないとまで言われる程。恐竜の巨大フィギュアや本物の防弾盾など『こんなものまで売ってるの?!』と唸ってしまうほど。飼う気が無くてもサイト内をウィンドウショッピングしてるだけでも楽しいですよね!

しかも注文してから最短1日~数日で届くいう便利さもAmazonの躍進の後押しとなったのではないでしょうか。

amazonギフト券はAmazon内でしか使えない電子マネーですが、皆が欲しいもの・必要な物がほぼAmazon内で手に入るという事で、amazonギフト券はもはや現金とさほど変わりないと言った印象を一般人に持たせる事に成功したのです。

冒頭にも出てきた図書券、お米券、ビール券、クオカードなどは使い道が限定的でしたし、商品券にしても一部デパートや百貨店のみでしか使えなかったのに対してamazonギフト券はそれらの全てのジャンルをほぼ網羅していますし、場所や時間も関係なく使用できるといった正にパーフェクトな金券として君臨したのです!

企業側としても都合が良いEメールタイプ

お小遣いサイトやアンケートサイト等の企業側が謝礼としてamazonギフト券を贈る時にはEメールタイプが多いのですが、これは14文字のコードを相手側に送るだけで送られた側はそのコードを自身のAmazonアカウントに登録するだけで即チャージされAmazon上でお買い物が出来ます。メールでの贈与であれば一瞬で届きますし住所などの情報が無くてもメールアドレス1つで送る事が出来るのです。上限50万円までなら好きな金額を決める事が出来ますし、郵送送る側の送料が一切かからないというのも企業側としても都合が良いのではないでしょうか。

使い道・送り方はさまざま!

Eメールタイプであっても、ただコードを送るのでは何だかそっけないので利用しずらそうと思うユーザーも多いかと思いますが、実はそんな事はないのです。amazonギフト券を購入する際に様々なシーンで利用できそうな画像を選び、その画像を添えて贈る事ができるんです。

上の購入画面の<1.タイプを選ぶ>から様々なシーンに合った画像、アニメーション等をメールに添付して送る事が出来ます。選べるイラストのデザインは豊富で、きっと貴方の気持ちにぴったりなものを選ぶ事が出来るでしょう。自分の持っている画像をはめ込む事が出来ます。

他にも沢山のタイプが!

Eメールタイプも良いけど、形として渡したいという人にも様々なタイプが用意されています。これなら気軽なプレゼントとしてamazonギフト券を贈る事が出来ます。

Eメールタイプ以外にもボックスタイプ、封筒タイプ、マルチパック、などがあります。沢山あって迷っちゃいますね!

amazonギフト券のサイトでは誕生日、結婚祝い、出産祝い、お礼等、様々なシーンで利用できるように、そして目的のデザインを選びやすくなっています。

クレジットカードで買えるという点


カード会社や加盟店(販売店)の取り決めによる制約によってクレジットカードで商品券を買うのは難しかったのですが、amazonギフト券にはその問題がなくクレジットカードで上限なく購入する事が出来ます(チャージタイプの場合は1回当たりの上限が設定されています)これまで商品券をクレジットカードで買いたいな~と思っていた層が一気にamazonギフト券に流れ込んできた事で流通が広がったのではないでしょうか。

amazonギフト券の今後のゆくえ

お買い物や贈答用など、アイディア次第で様々な使い方が出来るamazonギフト券。もはや“第二の通貨”ではないかと言われる事もあるように、その利用価値は単なる金券に留まらず実際の紙幣と同等もしくはそれ以上?!

当店amatera.co.jpにてamazonギフト券の買取りという業務を通じて、より多くの皆様に喜んでいただけるように今後もより一層邁進して参ります!amazonギフト券のタイプによってお売りいただく時の手続きが変わってくる場合がございますので、何かわからない事があればお気軽に当店にご質問いただければと思います!